映画ブラックジャック

ブラックジャックはリスクを取って賞金を狙う古典的なカードゲームです。本質的にとても劇的なゲームで、そのため映画によく使われます。長年にわたり、ブラックジャックは登場人物を描写して話を進めるために、または緊張感とドラマに溢れるシーンを作り出すために使われてきました。スキルと運が共に必要なブラックジャックは、信じられないほど映画映えするものです。ブラックジャックは戦略的思考、細心の注意、自己統制が絶対的に不可欠な数少ないカジノゲームの1つです。ブラックジャックが登場する10本のすばらしい映画を見ていきましょう。

ブラックジャックの戦略としてマーチンゲール法やパーレー法が良く上げられます。

パーレー法についての詳細は下記の記事を参考にしてみてください。

【カジノ戦略】パーレー法(逆マーチンゲール)は勝ちやすいの?使用方法を解説

『スウィンガーズ』(リーマン監督作、1996年)-ジョン・ファヴローは、素晴らしいブラックジャックシーンを特徴とする魅力的なつかみを持つ非常に面白い脚本を書き上げました。「歓楽都市」(ラスベガス)に向かう二人の友人が、ラスベガスでの休暇の中で人生におけるジレンマを解決しようとします。ブラックジャックプレーヤーであれば、11をいつもダブルダウンするべきかどうかについての二人の議論に共感する事でしょう。

議論に共感

『ラストカジノ』(ギル監督作、2004年)ピエール・ギル監督による2004年に制作されたこのカナダ映画はカードカウンティングに焦点を当て、カードカウンティングの戦略とブラックジャックで勝つための洗練された手法の開発を中心に話が進められます。

『オースティン・パワーズ』(ローチ監督作、1997年)-ブラックジャックをしたことがある人なら誰であっても、ナンバー2(ロバート・ワグナー)がディーラーのアドバイスを大胆にも無視して17にヒットするのに同感したことでしょう。

『007 消されたライセンス』(グレン監督作、1989年)-ジェームズ・ボンドはポーカーやバカラなどのカードゲームを好むかもしれませんが、消されたライセンスの中のブラックジャックのシーンは印象的なものです。ゲーム中に途方もなく大きくなる賭け金が大きな印象を残します。

印象を残します。

『クルーピエ』(ホッジズ監督作、1999年)-この映画は、楽しみながらディーラーの視点に立ってゲームを見る事ができます。クルーピエとしての職場であるカジノと、プレイヤー同士が築き上げる関係についてのハッとするような物語です。

『ホットシュー』(レイトン監督作、2004年)デイビッド・レイトン監督によるこのドキュメンタリーは、アンソニー・カーティス、アンディ・ブロック、ピーター・グリフィン、トミー・ハイランドなどのプレイヤーによる実際のケーススタディが使われプレイヤーの視点からカードカウンティングを目にすることができるものです。カードカウンティングの歴史とその背景に詳しくなることができるでしょう。

『ホーリーローラーズ:カードを数えるクリスチャンの実話』-宗教、美徳とカードカウンティングについての説得力を持つドキュメンタリーです。共に敬虔なクリスチャンの家庭に生まれたベン・クロフォードとコリン・ジョーンズが、より大きな賞金を得るという夢を通してギャンブルの可能性に疑問を抱くシーンから始まります。

『ラスベガスをぶっつぶせ』(ルケティック監督作、2008年)-ラスベガスをぶっつぶせ(原題『21』)はマサチューセッツ工科大学のブラックジャックチームによる実際の詐欺行為からインスピレーションを得た、ブラックジャックテーブルにおける道徳と倫理のスリリングなストーリーです。

『ザ・クーラー』(クラマー監督作、2003年)-ザ・クーラーに描かれているのは、カジノにおいてプレイヤーの連勝を終わらせる役目を持つキャラクターについての物語です。その仕事は、特にブラックジャックのようなゲームで多額の現金を獲得したプレイヤーをターゲットにすることです。

『レインマン』(レヴィンソン監督作、1988年)-カードカウンティングは、ブラックジャックで勝つための手法です。レインマンでは、レイモンド・バビットは自閉症であるため数字を記憶するのが得意で、超高速の計算をすることができます。弟のチャーリーはその才能を使ってカジノで勝つことになります。

 

ブラックジャックが登場する映画トップ10

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top